« スノーハイキング @ 日光・雲竜渓谷のはずが.....Ⅲ | トップページ | Tea Time @ 京はやしや 横浜 »

Lunch @ カンブーザ 横浜

2011. 2.17

以前、横浜でピッツアのとても美味しいお店があった。気に入って再訪してみたら、味が変わっていて.....。そのお店の以前のシェフが別のお店を開店させたらしいと友達に聞いて、出かけてみることにした。彼女自身何度もトライしているらしく、「予約全然取れないよー。」と脅されたものの、2週間前だったからか、お店がちょうど工事中で敬遠した人が多いのか、運よく予約を取ることができた。お店の名前は‘カンブーザ’、ネットでの評判も上々、期待に胸膨らませて出かけた。工事中の現在は2階のみで営業されているようだ。白い壁にチョコレート・ブラウンの調度品、シンプルで好感がもてる。3つのコースの中から、突き出し・前菜盛り合わせ・ピッツアまたはパスタ・ドルチェ・カフェの‘プランツォ B’を注文。
Img_8242 まず出てきたのは、カリフラワーのスープ。濃厚なスープの中には、カリッと焼いたベーコン、オリーブオイル、黒コショウが浮いている。優しい味の中、ベーコンの塩味とコショウがよいアクセントになっている。


Img_8243 パンは固め。


Img_8245 前菜の盛り合わせ。感じの良い男性スタッフの方が、一品一品説明してくれているのだけど、天井が高いせいか、周囲の方(みごとに女性ばっかり!)の話し声が反響して非常に聞き取りにくい。
小さなグラスに入った料理は、麦の何とかサラダ仕立て、そこから時計まわりに、豚肉の柔らか煮、トラウトサーモンのカルパッチョ、ロマネスコ、きのこのキッシュ。ロマネスコは、このところスーパー等でよく見かけるようになったけれど、初トライ。カリフラワーの一種らしいけれど、味的にはブロッコリーとカリフラワーの中間のような感じ。
Img_8246 ピッツアかパスタのチョイスは、それぞれ一品ずつオーダーして、シェアすることに。
期待大のピッツアは、シンプルに‘マルゲリータ’で.....。生地は薄いながらもモチモチしていて好みなのだけど、トマトソースがちょっと尖った感じの味.....。そのせいか、以前のような「美味しいっ!」という感動はなかったかなぁ.....。


Img_8247 パスタは、‘緑色野菜とアサリのオレキエッテ’。‘オレキエッテ’とは、円形に窪んだパスタで、語源は‘オレッキ’=耳なのだそう。スナップエンドウ、アスパラガスの甘みと芽キャベツのほんのりとした苦味のコンビがよい。アサリの出汁もよく効いている。上からパン粉を振って焼いてある。


Img_8248 ドルチェは、ガトーショコラのアイスクリーム添え。アイスクリームの上に乗っかっていたのが.....凍っていたのでよくわからないのだけれど、見た目はラズベリー、食感的にはイチゴっぽい感じ。何だったんだろう?


Img_8412どの程度の工事なのかわからず、少々不安な部分もあったけれど、騒音も全くなく、接客もすばらしかったので、気持ちよく過ごすことができた。残念ながら、以前のような感動はなかったけれど、これだけの料理を1,995円でいただけるのは嬉しい。 ‘カンブーザ’とはイタリア語で船の食料貯蔵庫という意味なのだそう。

|

« スノーハイキング @ 日光・雲竜渓谷のはずが.....Ⅲ | トップページ | Tea Time @ 京はやしや 横浜 »

食*神奈川グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lunch @ カンブーザ 横浜:

« スノーハイキング @ 日光・雲竜渓谷のはずが.....Ⅲ | トップページ | Tea Time @ 京はやしや 横浜 »