« 鷹の湯温泉Ⅰ @ 秋の宮温泉 | トップページ | 鷹の湯温泉Ⅲ @ 秋の宮温泉 »

鷹の湯温泉Ⅱ @ 秋の宮温泉

2011. 1. 8-9

‘鷹の湯’さんでのお食事は、渡り廊下でつながった別棟2階の個室でいただく。
Dsc00109 温泉旅館での食事はとにかく品数が多い。口に合わないものは、遠慮せず残そう!と心に決めて食べ始めたものの.....困ったかな、これが全体的に美味しいんである。


Dsc00108 こちらは、くざくねり、秋田の郷土料理なんだそうである。もち米(こちらでは、うるち米を使用)を水に浸し、すり鉢やミキサーですり潰して、火にかけ、とろ~り練り上げた後、お酢や砂糖、塩等で味付けするのだそう。今日は、ちょろぎが乗っかっているけれど、夏には果物がトッピングされて出てくることも.....。さすが、米どころ。
因みに、秋田の言葉で、くざく=砕くとのこと。砕いて、練ってつくった料理ということなんだろう。


Img_7838

Dsc00105 岩魚は、よほど新鮮なのだろう、刺身でも臭みが全くなく、ぷりっぷりっしていて美味しい。


Dsc00112 焼き立ての岩魚にねぎ味噌を塗ったものも、もちろん、美味!


Dsc00107 この煮物にもやられちゃいました~。お出汁が美味しいんである。出し汁の染込んだ冬瓜なんて、最高!


Dsc00106 ふと見ると、きりたんぽミニ鍋がぐつぐつ.....。既に腹十二分目くらいにはきている.....が!お出汁が美味しいここのきりたんぽ鍋がまずいはずがない!と頑張って完食。これもやっぱり美味しくて.....。


Img_7843 その後、ご飯セット?が登場。あれ?きりたんぽって、ご飯代わりじゃないの~?
お吸い物、やっぱ、美味しいわ。


Dsc00116 あ!茶碗蒸しも忘れてた~!


Dsc00118 デザートまで.....。こうなりゃ自棄だ!
美味しゅうございましたが、腹15分目くらいで死にそう.....。普通は.....残すんだろうなぁ~。


Dsc00147 こちらが、食事をとったお部屋。


Img_7850 朝食は適量の範囲内でほっ.....。これでも、普段の量に比べたら豪華なんだけど。

|

« 鷹の湯温泉Ⅰ @ 秋の宮温泉 | トップページ | 鷹の湯温泉Ⅲ @ 秋の宮温泉 »

食*東北グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鷹の湯温泉Ⅱ @ 秋の宮温泉:

« 鷹の湯温泉Ⅰ @ 秋の宮温泉 | トップページ | 鷹の湯温泉Ⅲ @ 秋の宮温泉 »