« 秋の日光へ | トップページ | 日光東照宮Ⅱ »

日光東照宮Ⅰ

2010.11.20

Img_7348 東照宮、二荒山神社、輪王寺を合わせて‘日光の社寺’として世界遺産に登録されたのは、11年前のこと。







Img_7356 表門を入ってすぐ左側にあるのは‘神厩舎’、ご神馬をつなぐ厩である。昔から猿が馬を守るとされていることから、長押上には猿の彫刻がある。







Img_7355 中でも、三猿‘見ざる、言わざる、聞かざる’の彫刻は有名。








Img_7357 御水舎もきんきんきらきら、今までに見たこともないような豪華さ。











Img_7405

手を清めたところで、陽明門に向かう。

Img_7360

陽明門手前の狛犬は、逆立ちしているかのようなお茶目な格好.....?

Img_7362

国宝 陽明門の彫刻には圧倒されてしまう。故事逸話や子どもの遊び、聖人賢人等500以上の彫刻が施されているという。

Img_7391

 

一つ一つ丁寧に見ようとすると、日が暮れる前に目がまわりそう.....。

Img_7395

眼が生きている。観光客でごった返しているのでゆっくりと見てまわることはなかなかできないが、何だか妙に惹きつけらてしまう。

Img_7370

 










Img_7396

柱にも彫刻。

Img_7369

見飽きることがない。

Img_7401

 

陽明門の左右に延びる回廊もまた国宝に指定されている。

Img_7368

外壁には花鳥の彫刻。いずれも一枚板の透かし彫りである。

同じく国宝に指定されている唐門や東西透塀、本殿の一部等は平成25年3月まで6年かけての平成の大修理中。

|

« 秋の日光へ | トップページ | 日光東照宮Ⅱ »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日光東照宮Ⅰ:

« 秋の日光へ | トップページ | 日光東照宮Ⅱ »