« アバクロ・ショック @ 銀座 | トップページ | Lunch @ 茶寮 神楽坂 »

‘介護の日’に.....

2010.11.11

いい日いい日の‘介護の日’の今日、神楽坂の牛込箪笥区民ホールで行われた鎌田實さんの講演会に出かけてきた。諏訪中央病院の名誉院長であり、『がんばらない』等多数の著書で知られる一方、チェルノブイリやイラク等への救援活動も活発に行われているすごい人だ。テレビやラジオへの出演も多い方のようだが、生の声を聞くのは初めて。落ち着いた暖かい声で、包み込むように語りかけてこられる。

長年にわたる豊富な医療活動経験から、さまざまなお話を聞かせていただいた。勇気付けられるお話や考えさせられるお話、心温まるお話、地元長野のことであったり、国境を越えた向こうの話であったり.....。笑ったり、泣いたりのこんなに忙しい講演会は初めて、あっと言う間の1時間半だった。

生まれてきたときと死んでゆくとき、人は必ず誰かの手を必要とする。自分が介護される側になったときには、卑屈になることなく、介護を上手に利用して、最後まで生き切ってほしい。印象に残ったメッセージはいくつかあるけれど、一番心を打ったのがこのこと。老後に対する漠然とした不安はあるけれど、‘行き切る’という視点で老後を考えたことがなかった。そのヒントとして、鎌田さんがおっしゃったのは、‘自分の好きなことをする’。一つでも好きなことをしていれば、人間は我慢ができる。生き甲斐があれば、人間は強くなれる。未だに自分が何をしたいのか見えていない私だけど、そろそろ人生の仕上げについて真剣に考えるときが来ているのかもしれないなぁ.....。大切なのは行動変容.....とも、鎌田さんはおっしゃっている。

Img_7324 講演途中での写真撮影は禁止されていたので、牛込箪笥区民ホールの写真で.....。

|

« アバクロ・ショック @ 銀座 | トップページ | Lunch @ 茶寮 神楽坂 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ‘介護の日’に.....:

« アバクロ・ショック @ 銀座 | トップページ | Lunch @ 茶寮 神楽坂 »