« Lunch @ きしの 日光 | トップページ | 新宿御苑散策Ⅰ 紅葉 »

Dinner @ ラミティエ 高田馬場

2010.11.20

日光の旅を終えて東京に戻って来ると、「今日はワインを飲みたい気分。」と相棒さんが言い出す。おや、珍しい.....。ということで、近所のフランス料理のお店に行くことにした。友達から、「一度行ってみて。」と薦められていたお店である。土曜日の夜に予約なしでいきなり.....というのは無謀な話だったようで、一度はお断りされてしまった。20時からは予約で満席なので、それまでに食事を終えていただけるなら.....ということで入店。後で調べてみると、この‘ラミティエ’、なかなか予約がとることができないお店のようだ。ものすごくラッキーだったのかも.....?
Img_7429 注文後、まず出てきたバケット。しっとりとしていて、わずかに酸味もある。美味しい!空腹も手伝って、料理もまだなのに、ついつい手が出てしまう。

Img_7430前菜その1=鴨の砂肝のコンフィーのサラダ。グリーンサラダに、胡桃、温かいベーコン、鴨の砂肝のコンフィー(薄くスライスされたサラミのような食感のものだったかと.....。)がミックスされていて、酸味の効いたドレッシングがかかっている。う~ん、これだけで満腹になっちゃいそう。


Img_7431 前菜その2=アボカドとズワイガニのフレッシュトマトソース。さっぱりとした、どちらかと言うと、夏向きな感じのメニュー。トマトの酸味がシャープに効いていて美味しい。


Img_7433 メイン料理その1=牛舌のグリル。牛舌の本場、仙台でもこんなぶ厚~いタンは食べたことがない。サイドの、さっくり揚げられたフライドポテトも半端じゃないボリューム。


Img_7432

メイン料理その2=真鯛のポワレ.....が、肝心のお魚がお野菜の下敷きになってしまっている。真鯛は、月並みな表現で申し訳ないけれど、表面はカリッと中はしっとり。結構食べ応えがある。てんこ盛りの温野菜もとても美味しい。


Img_7435 何とかメインを食べ終えた頃、お店の女性が「デザートはいかがですか?」とやって来る。「いやぁ、もう入りません。」と即答する相棒さんに、「でも、あるよ。クレームブリュレ!」相棒さんの大好物なのである。で、結局お願いすることに。
これが.....またすごいボリューム。直径20cmくらいのお皿で出てくるなら、厚みはほとんどないのが普通なのだけれど、ここは2cmは超えていたように記憶している。ハンサムな外国人ウェイターさんは、しっかりスプーンを2つ置いていってくれた。


Img_7436 私が選んだ、ブランマンジェも、一般的なフランス料理店で出される2~3倍の量。美味しいんだけど.....苦しい。ふと、隣のテーブルを見ると、年配のカップルが一つのデザートをお二人でシェア中.....。正しいいただき方である。


Img_7437 肝心のワイン。グラスで数種類オーダーしただけど、軽くて甘めのものが大半。重くて渋め好みの相棒さんにとっては期待外れだったようだ。
それでも、これだけのレベルと量の料理をかなりリーズナブルにいただけたし、お店のスタッフの方の接客態度にも好感がもてたので、充分満足。再訪するときには、朝食・昼食を抜いてから、もう一度トライしてみたい。


|

« Lunch @ きしの 日光 | トップページ | 新宿御苑散策Ⅰ 紅葉 »

食*東京グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dinner @ ラミティエ 高田馬場:

« Lunch @ きしの 日光 | トップページ | 新宿御苑散策Ⅰ 紅葉 »