« Lunch @ クルン・サイアム | トップページ | 北海道フェア @ 代々木 »

ケーキは芸術作品

2010. 9.25

満腹!と言いながら、やっぱりデザートは別腹なのだ。同じく自由が丘にある、辻口博啓パティシエのお店、‘モンサンクレール’でお茶することにした。

Img_6728 紅茶メニューが充実しているのが嬉しい。フォークとナイフの置き方がユニーク。

Img_6727 彼女のチョイスは、‘タルトオヴェール’。チョコレートとマロンのタルトにピスタチオのムースをのせたガトー。見た目は大人のテイストだけど、彼女には少し甘過ぎたみたい。せっかく、はちみつの合う紅茶を選んだのに、はちみつは使わずじまい。

Img_6729 こちらは、私の注文、”ポア”。ココナッツ、クリームチーズのミルキーな味わいにマンゴー、パッション、オレンジを組み合わせた爽やかなケーキ。夏をイメージしてのものらしい。見た目はお子ちゃま仕様だけど、あっさりと美味しくいただいた。

お家で留守番している相棒さんへのお土産に、帰り道、新宿のデパートでGIOTTO(ジョトォ)のケーキを買う。美しく且つ美味しそうなケーキがずらりと並ぶショーケースの前に立って、しばし悩む。結果、3つをゲット。(何とか3つに抑えた私は偉い!?)

Img_6732ん~、タイトル失念。ムースの上にぶどうのジュレ。結構酸味が効いていた.....と思う。

Img_6733 "Koi-cha"。黒豆?入りの生クリームを挟んだ抹茶のスポンジケーキの上に、抹茶のムース、その上にまたスポンジ&ムース。トップには生クリームとともに整列した金箔つき栗のハーフ。お濃茶だけあって、ムースはかなり濃厚なお味。抹茶系好きにはたまらない。




Img_6731 でも、今回、その"Koi-cha"以上に美味しかったのが‘加賀茜’。柿がトッピングされているのだけど、下はパンナコッタだったかな?秋らしい演出が心憎い。
どうしたらこんなに繊細で美しいケーキの数々をつくることができるのだろう?パティシエは芸術家だと思う。

|

« Lunch @ クルン・サイアム | トップページ | 北海道フェア @ 代々木 »

スイーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケーキは芸術作品:

« Lunch @ クルン・サイアム | トップページ | 北海道フェア @ 代々木 »