« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

ボルタくん

2010. 6.30

相棒さんが、北海道出張に行ってきた。いっしょに戻ってきたのは、‘ボルタくん’。室蘭が生まれ故郷。
Img_5277 室蘭の‘てつのまち ぷろじぇくと’によって誕生したボルトやナット、ワッシャーなどを半田づけしたボルト人形が‘ボルタくん’。販売開始の2005年12月以来、毎月5種類の‘ボルタくん’が販売され、2007年9月には目標としていた100種類が完成したそうだ。
我が家にやって来たのは、‘釣りするボルタ’。無機質な金属からつくられたものなのに、とても人間的な、ユニークで愛らしい表情をしている。大きさは5cmほど。

Img_5276 後からそっと近づいて、わっ!と驚かせたなら.....と想像して楽しむ私って、相当な暇人.....?
100種類の‘ボルタくん’すべてに秘話が添えられているそうだ。‘釣りするボルタ’に添えられたお話は.....”ピクリともしない浮きを見ながらボルタはずっと考えていた。私は魚を釣る一時が楽しいのか、待っている時間が楽しいのか。時はゆっくり流れる。”
‘ボルタくん’の売り上げは、室蘭のまちづくりとまちづくりに関連したアーティストの制作活動の資金に充てられるとのこと。現在、工房では製作体験もできるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小川三知の世界

2010. 6.24

東北で行きたくても行けなかった場所の一つが、津軽中里にある宮越邸。個人の邸宅なのだから無理な話ではある。目的は、大正から昭和の初めに活躍した工芸家、小川三知のステンドグラス。関東大震災や戦災によって彼の作品の多くが破壊され、現存しているものは数少ないという。その貴重な作品を、‘鳩山会館’で見ることができるというので、早速出かけてきた。

Img_5245 ‘鳩山会館’の案内パンフレットの表紙にも使用されている、階段踊り場にある大作。見上げると迫力があるけれど、逆光になってしまい、色彩がわからない。


Img_5235階段上段、ほぼ真正面から眺めると、雲の陰影は消えてしまうが、少し色が出る。上空を埋め尽くさんばかりに飛んでいるのは、鳩?だろうか.....。


Img_5244 下の部分をアップ。写真ではわかりにくいかもしれないけれど、瓦も丁寧に描かれており、層塔は立体的に見える。


Img_5242 2階の大広間からだと、色彩が一層鮮明になる。見る場所によって、さまざまな表情が楽しめるのが、ステンドグラスの魅力だと思う。


Img_5246欄間や小窓にも小川三知の世界が散りばめられている。


Img_5240


Img_5247

Img_5254 玄関の天井近くにあるステンドグラスに描かれているのは、紛れもなく鳩!
建築物の一部とみなされていた小川三知の作品が評価され始めたのは、彼の死後数十年経ってからことだそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引越し作業の合い間に.....

2010. 6.12

引っ越してきたときには伸び放題だった裏庭の草刈りが行われたようだ。その作業中ずっと外出していたので、帰宅してみると、草原?が芝生に変身していてびっくり。

Img_5219虫たちを保護していた草がなくなって、鳥たちには思わぬ大ご馳走。たくさんの鳥たちがやって来る。私が洗濯物を干す時間にやってくるのは鳩たち.....。虫たちにとっては、とんだ災難である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつの間にか.....

2010. 6. 3

ついこの間まで新緑だった木々の葉っぱが、いつの間にか勢いを増して、わっさわっさと茂り始めている。‘杜の都’がその真価を最大限に発揮できるこの美しい時季に、仙台を去らなくてはならないのは非常に残念なこと。

この‘みちのく逍遥記’は、大学時代の先輩の勧め?もあって、2008年9月に始めたもの。元々は、遠く離れた友達に「元気にやってるよ。」、「東北って、美しいよ。おもしろいよ。遊びにおいでよ。」.....と伝えたくて始めたブログだったけれど、地元の人からのアクセスもあったりして、随分励まされ、おかげさまで今日まで続けることができた。東北は、広くて、深くて、行けなかったところ、知らないこともまだまだたくさんある。2年弱ではとても探検し尽せない。未練はたっぷり残るけれど、そろそろ準備も最終段階。明日にはもう出発だ。

拙い文章と写真に、1年9ヶ月もお付き合いいただき、本当にありがとうございました。落ち着いた先で、おもしろいこと、楽しいことを見つけることができるようだったら、またこのブログを更新することもあるかも知れません。が、ひとまず、‘みちのく逍遥記’については、これにておしまい。これをきっかけに、‘みちのく’に少しでも興味をもっていただけたら、嬉しく思います。それでは、また.....?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »