« シャッター・チャンスは一度だけ | トップページ | Lunch @ 苧麻(ちょま)庵 »

矢の原湿原の水芭蕉

2010. 5. 4

会津坂下(ばんげ)に向かう沼田街道は結構混むと聞いて、会津川口から南西に向かうR400号を走ることにした。途中にある矢の原湿原に立ち寄る。
P1000209 駐車場近くには、‘戊辰の役古戦場’があった。







P1000211 代官清水の水をペットボトルに入れて、湿原散策に出発.....。






P1000212 とは言っても、それほど大きな湿原ではない。ただ、ここには珍しいハッチョウトンボやメダカ等の生物、約280種にも及ぶ植物が群生していることから、保護活動が盛んなようだ。
約8万年前に形成された日本で2番目に古い湿原でもあるらしい。


P1000231 半周以上した頃、お目当ての水芭蕉に出合う。‘鶴亀荘’の女将さんが言うには、ここの水芭蕉は野生種。「小ぶりな、かわいい花が見れますよ。」と言われたとおり、ベビー・サイズの水芭蕉が顔を出している。


Img_4804 通常の水芭蕉と比較して、葉っぱが小さいけれど、これから成長していくのだろうか.....?








Img_4812 車道近くまで戻ってくると、ここにも群生が.....。こちらの水芭蕉は少し大きめ。








Img_4815 「かわいらしい花束みたいになって、咲いてますから.....。」女将さんが言っていたのは、こちらの水芭蕉なんだろうな。







P1000249 プロのカメラマンらしき人たちがスタンバイしていたけれど、どやどやと人が押し掛ける訳でもなく、静かに水芭蕉を観察することができる。穴場かも.....。

|

« シャッター・チャンスは一度だけ | トップページ | Lunch @ 苧麻(ちょま)庵 »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 矢の原湿原の水芭蕉:

« シャッター・チャンスは一度だけ | トップページ | Lunch @ 苧麻(ちょま)庵 »