« 新玉川温泉Ⅱ | トップページ | 仙北花めぐりⅡ 角館の桜 »

仙北花めぐりⅠ 西木のカタクリ

2010. 5. 1

お家に帰る前に、仙北で花めぐりを楽しむ。仙北は、秋田県東部中央にある市、5年前に、田沢湖町、角館町、西木村が合併して誕生した。最初に訪れたのは、西木村の‘カタクリ群生の郷’。特産の西明寺栗を栽培する栗林に、地元では‘カタッコ’とか‘カタンコ’と呼ぶカタクリが自生している。その規模は20haにも及ぶ。入園料300円也。
Img_4533 生憎の雨で、花びらも閉じたまま。でも、この群生はすごい!開花していたら、ホントにピンクのじゅうたんになっちゃいそう。







Img_4542 花は大きくて色鮮やか、一株もサイズが大きい。すぐ近くにいた案内のおじさんによると、栗に与える肥料がカタクリにも効いているのではないか.....?とのこと。カタクリ独特の葉っぱの模様が薄めなのは雨のせいなのかな.....?





Dsc02359 数株寄ると、ますます賑やかになる。

|

« 新玉川温泉Ⅱ | トップページ | 仙北花めぐりⅡ 角館の桜 »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仙北花めぐりⅠ 西木のカタクリ:

« 新玉川温泉Ⅱ | トップページ | 仙北花めぐりⅡ 角館の桜 »