« 仙北花めぐりⅠ 西木のカタクリ | トップページ | 仙北花めぐりⅢ 刺巻の水芭蕉 »

仙北花めぐりⅡ 角館の桜

2010. 5. 1

次に訪れたのは、‘みちのくの小京都’とも呼ばれる角館。角館と言えば、やっぱり桜!が.....。
Img_4555 満開だったのは梅に.....。









Dsc02396 椿.....どちらも、武家屋敷通りに似合う美しい花ではあるけれど.....。







Img_4578 武家屋敷通りの枝垂れ、比較的開花が進んでいたのはこの辺り。観光客も自然と集まってしまう。
これらの枝垂れ桜の並木は、国の天然記念物に指定されている。






Dsc02392 ちょうどお昼時。飲食店は観光客で、どこもごった返している。気長に順番を待つか、お昼を諦めるか.....諦める方を選びかけたとき、通りの角、立派な門構えのところでいなり寿司を販売しているのに気付く。おいなりさんを購入し、そこの庭でいただく。温かいお茶がありがたい。目の前には、桜の老木。

Img_4582 檜木内川(ひのきないがわ)のソメイヨシノはまだ固い蕾。桜の数400本、2kmに及ぶ桜並木だ。








Img_4586 こちらは国の名勝に指定されている。








Img_4584 開花が始まっている枝先を見つけた。花芽がぎっしり。






Pict0592 こちらは6年前、同じGWの頃の檜木内川のソメイヨシノ。このときは満開、武家屋敷の枝垂れ桜は葉桜になっていた。

|

« 仙北花めぐりⅠ 西木のカタクリ | トップページ | 仙北花めぐりⅢ 刺巻の水芭蕉 »

見て歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仙北花めぐりⅡ 角館の桜:

« 仙北花めぐりⅠ 西木のカタクリ | トップページ | 仙北花めぐりⅢ 刺巻の水芭蕉 »