« 菜の花&桜の道 @ 大潟村 | トップページ | 新玉川温泉Ⅰ »

新玉川温泉への道

2010. 4.30

大潟村からR285で北東に走り、R105で南東へ、田沢湖からR341を再び北東へ走る。地図で見ると、‘N’字型に走ったことになる。大潟村からまっすぐ真東に向かうと、最短で新玉川温泉の辺りに突き当たるのに、途中に山があったり、集落がなかったりで、そんな便利な道はない。田沢湖に出るまでは、上小阿仁の道の駅でお昼の休憩をとっただけで、ひたすらドライブ.....。

Img_4487 田沢湖北岸に出る。お天気もいまいちで、寂しい風景。季節がまた冬に一歩戻り.....。


Img_4493それでも、湖岸の水の色は鮮やか過ぎるブルー。


Img_4498 ここは、‘御座石(ござのいし)神社’。社名は、1,650年、秋田藩主 佐竹義隆が田沢湖を遊覧した際、腰掛けて休んだことに由来している。石段の左側には、立派な杉の木がある。


Dsc02273 湖に面したところには赤い鳥居もある。


Dsc02310

田沢湖を離れ、R341を北東へ。途中、新玉川大橋から見下ろす玉川の流れ。鉱物系の色の溶け込んだブルー。何度見ても、不思議と惹きつけられる色。


Img_4501 さらに、玉川ダムで休憩。宝仙湖の美しいブルーも雨の中でくすんでいる。この宝仙湖も、下流にある秋扇湖も、田沢湖も、上流にある玉川温泉の大噴(おおぶけ)から流出する強酸性泉が流れ込んでいたため、かつては魚の住めない湖だったという。現在は、温泉近くにつくられた中和処理施設のおかげで、魚も住めるようになったらしい。


Img_4516 宝仙湖を過ぎてしばらく、左手に水芭蕉の群生地があった。


Dsc02297 道の両側には残雪が見え始める。R341は、昨年12月1日から、4月15日まで冬季一般車両の通行規制が行われていた道なのだ。今でも、凍結の恐れがあるため、夜間は引き続き通行止めとなっている。新玉川温泉まではあと少し、長いドライブの一日、お湯に浸かってゆっくりすることにしよう。


|

« 菜の花&桜の道 @ 大潟村 | トップページ | 新玉川温泉Ⅰ »

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新玉川温泉への道:

« 菜の花&桜の道 @ 大潟村 | トップページ | 新玉川温泉Ⅰ »