« 湯めぐり @ 青荷温泉 | トップページ | 黒石こみせ通り散策 »

文字のおもてなし @ 青荷温泉

2010. 3.20-21

青荷温泉はユーモアあふれる宿だ。

Img_3510 宿に向かう道中にも‘ここから岩木山が見える’とか‘八甲田が見える’(これらはどちらも厚い雲に阻まれて見ることはできなかったけれど.....。)と手書きの案内が教えてくれる。‘ここから下に青荷が見える’というところで、バスの運転手さんが車を停めてドアを開けてくれた。ラッキーなシャッター・チャンスは逃さない。

Img_3490

売店、喫茶コーナーにもこんな文字が踊っていた。
‘ここえ来てよかった売店と帰りたくない喫茶’

Img_3505 方言の部分をカタカナで表記した、これも微笑ましい。
‘掃除終わったバテ湯っコあふれるまで待ってケロ’

Img_3481

これはお風呂の入口に.....。津軽の言葉は難しい。仙台の知り合いの話によると、同じ東北人でも理解不能だそうな。







Img_3507 津軽言葉が並ぶロビー。推測も不可能.....でも見ているだけで何だか楽しい。


|

« 湯めぐり @ 青荷温泉 | トップページ | 黒石こみせ通り散策 »

番外編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文字のおもてなし @ 青荷温泉:

« 湯めぐり @ 青荷温泉 | トップページ | 黒石こみせ通り散策 »