« はなやま土産の干し柿 | トップページ | 仙台 ホワイトアウト? »

節分行事

2010. 2. 3

朝起きてみると、今日も雪が積もっている。この冬一番の冷え込みが予想される今日は、節分の日。節分と言えば、私が子どもであった大昔?は、大豆を炒って豆まきをし、その後、年の数だけ大豆を食べていた記憶があります。翌朝、玄関や地面にころがっている豆を見て、子ども心にも「もったいないなぁ~。」と思ったことを覚えています。
節分前の数日間は、スーパーやデパートでも‘節分コーナー’が出現していましたが、主役は大豆ではなく、落花生。それも殻入りの.....。なるほど、これなら地面に落ちても、殻を割って食べることはできる.....考えたなぁ~と感心。でも.....落花生を豆まきに使うのは、最近の習慣なのでしょうか、それとも地域的なものなのでしょうか.....?
そう言えば、‘恵方巻き’も7~8年前、関西に住んでいたときに初めて知った習慣。それが、今や全国的に広がってきていて、ここ仙台でも普通に‘恵方巻き’が売られています。お寿司だけでなく、お菓子やパンの分野でもこの習慣に便乗して商品を出しているところもあるらしい.....。商業戦略に乗せられている気がしないでもないけれど、我が家でも‘北辰さん’で巻き寿司を1本買ってきました。1本は多いので、これを半分こ。それでも、無言で一気に食べ切るのは結構辛い.....。今年の恵方(そもそもどうやってその恵方が決められるのかわかっちゃあいないのだけれど.....)、西南西に向いて座り、黙々といただく。あ!写真を撮り忘れちゃった.....!

|

« はなやま土産の干し柿 | トップページ | 仙台 ホワイトアウト? »

仙台ウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 節分行事:

« はなやま土産の干し柿 | トップページ | 仙台 ホワイトアウト? »