« 不忘閣 @ 青根温泉 Ⅰ | トップページ | 最高のスノーシューハイク日和 @ 後烏帽子岳 »

不忘閣 @ 青根温泉 Ⅱ

2010. 1.10-11

さて、‘不忘閣’さんの館内には5つのお風呂があります。お湯は無色透明無臭で、台ヶ森温泉が身体の冷えを引き出してくれるお湯なら、こちらは、湯の温かさがどんどん身体の中に入り込んでくる感じのお湯....だと、個人的には感じました。
Imgp0423 御殿湯(大)です。すぐ隣にひとまわり小さ目の御殿湯があり、8時と20時で男女入れ替えとなります。







Imgp0599 大湯‘金泉堂’の脱衣場。












Imgp0601 大湯の湯船です。照明は暗め、フラッシュをたいて撮ると、この雰囲気を殺してしまうので、このまま。
幅はそれほどでもありませんが、とにかく、泳げるくらい横長いです。(そんなことはしてませんが.....。)完成して間もないらしくて、ひばの香りがぷんぷんしています。立派なお風呂ですが、こちらは元々、お供の方用の浴場だったようです。



Imgp0430 館内唯一の貸切の‘蔵湯’へは、フロントのところにある木札をもって行き、入口のところに設置された台の上に乗せてから、入ります。これが使用中の合図。






Imgp0612 ‘蔵湯’へ向かう廊下。結構寒いです。明治の火災でほとんど全焼したようですが、蔵の一部が焼け残っていたそうです。










Imgp0613 こちらも、照明は暗め。小さく見えるかも知れませんが、10人ぐらいは入れちゃうような湯船です。これを貸切でとは、何と贅沢なのでしょう!







Imgp0446 贅沢なのは、お風呂だけではありません。脱衣場も、床運動ができるくらい広いです。

Imgp0444 そして‘蔵湯’に限らず、すべてのお風呂の脱衣場に鏡餅がお供えされていました。



Imgp0534 ‘新湯’。脱衣場とそこに続く廊下は新しくされていたようですが、お風呂は昔のまま(たぶん.....)のよい雰囲気を出していました。他のお湯が頭痛や不眠症に効果があるのに対して、ここのお湯は胃腸病や神経痛に効くのだそうです。

|

« 不忘閣 @ 青根温泉 Ⅰ | トップページ | 最高のスノーシューハイク日和 @ 後烏帽子岳 »

湯を楽しむ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不忘閣 @ 青根温泉 Ⅱ:

« 不忘閣 @ 青根温泉 Ⅰ | トップページ | 最高のスノーシューハイク日和 @ 後烏帽子岳 »