« 夏油紅葉だより | トップページ | 鉛温泉 藤三旅館の立ち湯 »

夏油~豊沢湖紅葉だより

2009.10.18

夏油温泉を出発し、名前に惹かれて錦秋湖に向かいます。
Dsc02875 昨日もこの辺りで写真を撮りましたが、曇天下の紅葉はしっとりとして、また異なった味わいがあります。






Dsc02889 こちらは夏油高原スキー場を通り過ぎた頃に現れた風景。







Dsc02886 優しい紅葉色のグラデーション、ついカメラを向けてしまいます。







Dsc02896 錦秋湖道の駅。紅葉にはまだちょっと早過ぎたようですね.....。はて、どうしたものか.....。そのとき、今朝お風呂で一緒だったおばさんが、「鉛温泉の辺りも紅葉きれいだったわよ。」と言っていらしたのを思い出し、花巻南温泉郷に行ってみることに。




Dsc02900花巻南温泉郷は、豊沢川沿いある8湯を総称したもの。川沿いの峡谷にあるため、花巻南温泉峡と呼ばれることも多いようです。途中、8湯のうちの一つ、鉛温泉で立ち寄り湯をして、温泉峡最奥の新鉛温泉を通り過ぎて、豊沢湖までドライブしてみました。



Img_1704 この辺りもすっかり色付いています。









Img_1711 天気も崩れてきたし、そろそろ引き返そうかとUターン場所を探していたら、『淡嶋神社』という案内がありました。道路から少し入ってみたところ、美しい森を発見!車を降りて歩いてみることにしました。森の散歩道のような参道には紅葉の葉っぱが敷き詰められています。聞こえるのは、雨が葉っぱを叩く音と私たちの足音だけ.....。







Dsc02922 小さな社の横からは、こんな景色が見えていました。初めて来たところなのに、何だか懐かしい.....そんな不思議な場所でした。正面に見えている山は「なめとこ山」といって、宮沢賢治の童話の中に出てくる山だそうです。




Dsc02939引き返している途中の景色です。豊沢湖はダム湖、これが通常の貯水量とは思えないのですが.....。昨年の冬は雪も少なめ、夏もあまり雨が降らず、台風もほとんど来なかったので、このような状態になってしまっているのでしょう。




Dsc02945 この辺りで、大粒の雨が落ちてきました。傘を叩く音が賑やかです。もうしばらく雨音を聞きながら、雨に煙る紅葉に見惚れていようっと.....。

|

« 夏油紅葉だより | トップページ | 鉛温泉 藤三旅館の立ち湯 »

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏油~豊沢湖紅葉だより:

« 夏油紅葉だより | トップページ | 鉛温泉 藤三旅館の立ち湯 »