« 安達太良紅葉だよりⅡ 塩沢ルート | トップページ | 夏油(げとう)温泉 紅葉湯天国  »

いつか登るぞ!雁戸山.....。

2009.10.12

昨日の安達太良山登山で思いの外疲れていたようで、目覚めたのは8時。早く目覚めたら雁戸山に行こうと昨夜話していたのだけれど、どうしたものか.....。それでも、ぐずぐずのろのろよれよれと準備をし、家を出たのは10時過ぎ。雁戸山登山ルートはいくつかありますが、ネット情報でお奨めルートとなっていた笹雁新道を歩いてみることにしました。登山口である林道終点近くには数台の車が停めてありましたが、ここから登る人はそれほど多くはないようです。出発したのは、正午前。歩き始めは展望のない道を延々と。
Img_1429 どのくらい歩いたでしょうか、ふと気がつくと、秋色に染まり始めた美しいブ ナの森の中を歩いていました。







Img_1418ブナの森に守られるように、もみじが.....。









Img_1431

こちらの紅葉もすてきです。
この頃から、下山の人とすれ違うようになりました。6、7人だったでしょうか、皆さん例外なく、「今からですか?!」と驚きの声を上げられるので、どんどん不安が胸に広がってきました。登山地図を車の中に忘れてきた私は、あやふやな記憶で2時間半くらいで登頂できると踏んでいたのですが、既に1時間は歩いていると思われるここからでも、「2時間半はかかりますよ。今からだと風も出てくるし.....。」と言われて、呆然.....。「まあ、若いから大丈夫でしょう!」おじさんの気遣いもただ空しく.....。

Img_1439 それでも!せっかく来たのだから、登頂できなくてもせめて雁戸山を眺めるだけでも....と頑張っていたら、ようやく少し展望のある場所に出てきました。ドウダンツツジの紅葉がきれいです。

この先辺りから、急登が始まります。距離はたいしてないのですが、ここまでの傾斜は多分初めて.....。東北の山々は、たくさんの初体験の機会を与えてくれます。いや、単に登山経験が乏しいだけなのかも.....?

Img_1449 登ってきた方向を見下ろしています。山々に雲の影絵がおもしろい.....。

Img_1464 急登をクリアしたところで、一気に展望が開けました。仙台神室が正面に、左には山形神室、右奥には大東岳(たぶん)が見えています。そして、写真には入り切らなかった、仙台平野が右側に、山形盆地が左側に見えていました。

Img_1451このすぐ先のちょっとした広場になっているところで、力もちラーメンを昼食にいただきました。冷たい風が吹き付ける中、温かい食べ物は最高の贅沢.....だけど、たまには風のない穏やかなところで、落ち着いて食事したいものです。

Img_1462 食事していると、少し陽が射してきたので、慌ててシャッターを切りました。木々たちが、まるで会議を開いているようです。何を話し合っているのでしょう.....?

Img_1457 正面に見えている山の斜面のアオモリトドマツ(たぶん)の形を見ると、風の威力がわかります。

これからが楽しい尾根歩きというところですが、今日はここまで。残念だけど、来た道を引き返すことにします。

Img_1494 15時をまわったばかりだというのに、光はぐっと落ちてきました。柔らかな光の中の紅葉もなかなかいいものですね。

Img_1523 登山口が近付いてきました。登るときには逆光でよく見えなかった景色です。山麓の方の紅葉はまだこれからのようです。

Img_1528 帰宅途中、釜房湖の上には美しい夕空が広がっていました。




|

« 安達太良紅葉だよりⅡ 塩沢ルート | トップページ | 夏油(げとう)温泉 紅葉湯天国  »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつか登るぞ!雁戸山.....。:

« 安達太良紅葉だよりⅡ 塩沢ルート | トップページ | 夏油(げとう)温泉 紅葉湯天国  »