« ルート458 | トップページ | 杜の都? 霧の都? »

お蕎麦を再び.....

2009. 7.20

東根にある農産物直売所、『よってけポポラ』のすぐ隣にあるお蕎麦さん。駐車場、お店ともに結構大きくて目立っており、ずっと気になっていたので、今日はここでランチ。

Img_5687 お店の名前は『森久』。大石田町産「来迎寺」在来種(甘みと粘りがあるのだそうです。)100%を店内で石臼挽きしたそば粉のみを使った十割そばが食べられるとのこと。ちょうどお昼頃に入店すると、順番を待つお客さんの行列ができていました。


P7200065 店内入口付近の様子です。団体や大家族用の大きなテーブル、二人用のテーブルが結構あるうえ、カウンター席もあり、覚悟していたほど待たされることなく、席に案内されました。


Img_5683 サラダと漬物はセルフサービスで食べ放題。おそば屋さんでのこんなサービスは初めてです。


P7200067 こちらは、ゲソ天そば。そば粉100%のせいでしょうか、おそばは細切れになっている傾向がありましたが、結構美味しかったです。つけ汁もなかなか。天ぷらは、ゲソだけでなく野菜もついています。サクッとしていて美味。


Img_5684 おそば本来の味を楽しむのなら、もりそば!とわかってはいるのですが、ついついあたたかいそば、変わったメニューに惹かれ注文したのが、揚げ麩そば。同じ東根にある六田でつくられたお麩を使用。3つのっている揚げ麩は食べ応え充分。寒い日にはさらにありがたいかも。


Img_5681 店を出ると、すぐ横は桃畑。仙台でも、まだ山梨県産の桃が店には多く並んでいますが、最近は福島県産も目にするようになりました。山形の桃も随分色付いてきました。食べ頃ももうすぐ。


Img_5690 『よってけポポラ』に立ち寄ると、どこかで見たような組み合わせの花束が、1束180円で販売されていました。

|

« ルート458 | トップページ | 杜の都? 霧の都? »

食*東北グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お蕎麦を再び.....:

« ルート458 | トップページ | 杜の都? 霧の都? »