« お蕎麦を再び..... | トップページ | Lunch @ 近所のお蕎麦屋さん 招月 仙台 »

杜の都? 霧の都?

2009. 7.24

仙台での暮らしも1年と1ヶ月。引越して来てしばらく経った頃、ある人に、「霧の都、仙台からこんにちは。」というタイトルでメールを打った。「霧の都?『杜の都』なら聞くけど.....。」というお返事。でも、私たちが引っ越してきた夏は、霧が街を隠してしまう日がほんとに多く、緑よりは霧のイメージが強くて、思わずそういうタイトルで送信してしまったのだと思う。「今年(=昨年)は、異常よ。仙台の夏は、ほんとはこんなじゃない!」と言う人もいれば、「こんなもんですよ。」と言う人もいて、どちらが本当なのか私にはわからない。こちらに来て、『山背』という言葉を知った。春から秋、特に梅雨明け後に、オホーツク海気団から吹いてくる冷涼、湿潤な北東風や東風のことを指すのだそうだ。北海道、東北地方、関東地方の太平洋側に吹きつける山背は、海上や沿岸付近、海に面した平野に濃霧を発生させて、農作物等に冷害を及ぼすこともあるという。ニュース番組の中で、気象予報士がよく「農作物の管理にご注意下さい。」というコメントを添えるのをいつも不思議に思っていたけれど、その背景には山背があったんだとしばらくして気がついた。実際、今年も、既に被害が出ているらしい。故郷の家族や友達が「暑い、暑い!」と絶叫しながら過ごした去年の夏、私たちはひんやり涼しいけれど鬱屈とした、今まで経験したことのない夏を過ごしていて、青空と太陽をひどく恋しく思っていた。さて、今年の夏はどうだろうか。
今日は、私の知る限り、今年一番の濃霧。これを山背というのかどうかはわからないのだけれど.....。
Img_5691 ほんの数百メートルしか離れていない、NTTのドコモタワー?も霧の中で全く見えない。








Img_5695 しばらくすると、ほんの少し姿を現すけれど、またすぐ、霧の向こうに消えてしまった。

|

« お蕎麦を再び..... | トップページ | Lunch @ 近所のお蕎麦屋さん 招月 仙台 »

仙台ウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 杜の都? 霧の都?:

« お蕎麦を再び..... | トップページ | Lunch @ 近所のお蕎麦屋さん 招月 仙台 »