« 7月10日の空 | トップページ | 7月13日の夕空 »

南蔵王 霧の道

2009. 7.11

晴れの予報にわくわくしながら蔵王に向かい、刈田峠に到着したのは8時過ぎ。小さな駐車場はほぼ満車状態でした。車を降りると、予想外の寒さにひぇ~!霧のお出迎えもあり。やっぱり山は侮れません。それでも、山の花たちに元気をもらって、出発です。

Img_5576 今がピークの花その1、ハクサンチドリ。

Imgp2416 はじめましての花その1、ベニバナイチヤクソウ。イチヤクソウ=一薬草は、一番よく効く薬草という意味で、葉の汁は傷や虫刺されに効果ありだそうです。低木の下に群生していて、霧もあってか、なかなかピントが合わず.....。

Imgp2326 今がピークの花その2、マルバシモツケ。駐車場付近で花の写真をバシバシ撮っていてもきりがないので、出発っ!

Img_5424 登山道を歩き始めて、まず見つけたのは、はじめましての花その2、ズダヤクシュ。「ズダ」とは喘息の信州地方の方言で、「薬種」は薬になるという意味だそうです。地味で、あまり目立たないので、今まで見逃していたのかも.....。

Img_5446 今がピークの花その3、ゴゼンタチバナ。マイズルソウも仲良くいっしょに咲いていました。

Imgp2369今がピークの花その4、ギンリョウソウ。枯れた笹の葉などに埋もれてひっそりと咲いていたので、気をつけて見ないとうっかり通り過ぎそうですが、結構咲いていました。先月登った禿岳よりほぼ1ヶ月遅れの開花です。


Imgp2373 樹氷の骨格となるアオモリトドマツの新芽です。冬の寒さ、雪の重さに耐えて、やっと芽吹き始めました。自然の力って、ほんと!すごい。




Imgp2377 イワカガミはそろそろおしまいです。この先しばらく歩くと小さな沢があり、この時点で?だったのですが、強引に歩き続けていると、すごい下りが始まっていました。下のほうからは、先程の沢よりも、もっとしっかりした水音が聞こえてきます。しまったぁ~、またやってしまいました.....。登山道間違えちゃったみたいです。ここを下って、下って、また登る元気はないので、引き返すことに.....。とほほ.....。

Img_5461 駐車場まで戻ると、霧は出発時よりも濃くなっていました。車を停めた場所から少し北へ歩くと、ありました!私たちが歩こうとしていたルートが.....。





Img_5462 入口にはこんな看板まで。今引き返してきたルートよりも、しっかり整備されていて、非常に歩き易い.....。





Img_5485 ルート沿いには、今がピークの花その5、ウラジロヨウラクが群生していました。今まで見た中でも、色といい、開花状況といい、最も美しいかも....。





Img_5483 今がピークの花.....というか、チングルマの実。半月ほど前だったら、白い可憐な花の群生が見られたようです。





Img_5491 はじまましての花その3、ナナカマド。秋の赤い実には何度もお会いしているんですが、ナナカマドの花と認識したのは初めてです。美しい花だなぁ~。





Img_5505
最初の急登(というほどでもないか.....)を終えて、振り返ると、この一瞬だけ!強風が霧を攫ってくれて、展望が開けました。




Img_5500
登り切ると、シャクナゲの咲く尾根道。とにかく風がすごくって、シャクナゲも開花したものは風に揺られてぼろぼろに傷ついているか、あっと言う間に花の命を落としているか.....。自然って厳しい。






Img_5512 シャクナゲの蕾さん、これからが試練のとき、雨ニモマケズ、風ニモマケズ、頑張れー!









Img_5526 前山(1,684m)にて、昼食におにぎりを頬張っていると、目の前の枯れ木の上に鳥が飛んできました。逆光で、ほとんど木と一体化していますが、立ち上がって、手を差し伸べれば届くくらいの距離。相棒さんが、おにぎりを差し出したけれど、これには興味を示さず.....。しばらくすると飛び去ってしまいましたが、嬉しい来客でした。腹ごしらえOK、杉ヶ峰を目指して、再び出発~っ!

Imgp2536 杉ヶ峰の山頂近くの登りで、低木の茂みに隠れるように咲いていた、タカネバラを発見。はじめましての花その4です。




Imgp2526 同じく、今がピークの花その6、ウスユキソウ。地味な花ですが、群生しているとより美しく感じられます。




Img_5538 夏の夜を彩る花火のようなミヤマシシウド。ウスユキソウといっしょに咲いていました。






Img_5541 杉ヶ峰頂上(1,745m)。この先進んでも展望はなさそうだったので、ここから引き返すことに.....。雨が落ちなかったのは、ラッキーでした。





Img_5577 駐車場近く。振り返ると、今下山してきた前山が見え始めていました。あらら.....。






Imgp2539 こんなのも見つけましたその1、ミネカエデの花。地味だけど、とってもかわい!





Img_5452 その2、同じくカエデ科のオガラバナ。







Imgp2431 その3 ? 

Imgp2578 帰りに、駒草平に寄ってみました。山の上の方には残雪が見られます。手前の地面にはコマクサの花が咲いているのですが、わかりますか?この谷筋を吹き抜けていく風はとてつもなく強力で、油断するとよろめいてしまうほど.....。街中と同じような格好でやって来た観光客の人たちが、「寒い~!」と絶叫していました。

Imgp2611 保護のためロープが張られており、近付くことはできないので、ズームて撮ってみました。色がちょっと淡い感じがします。


Img_5601 蔵王エコーラインを下りて、4月にオープンした青根温泉の公共浴場「じゃっぽの湯」に立ち寄り。「じゃっぽ」とは、この地方の言葉で「お風呂」の意味なんだそうです。駐車場には結構車が停まっていたのに、お風呂の方は混んでいませんでした。休憩室を利用している人が多いのかな.....?

|

« 7月10日の空 | トップページ | 7月13日の夕空 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南蔵王 霧の道:

« 7月10日の空 | トップページ | 7月13日の夕空 »