« 雪解け蔵王を歩く! | トップページ | 傘マークから逃れて..... »

不覚にも.....

2009. 5.16

天気はイマイチだけど、山が呼んでいるので、お出かけしてきました。目指すは、福島県の安達太良山。なだらかな山容のこの山が、山の恐さを教えてくれることになろうとは.....。

Imgp1562 出遅れて、奥岳登山口にはお昼頃に到着。後方に小さく見えるゴンドラ、『あだたらエクスプレス』に乗って、一気に8合目まで昇っちゃいます。

Img_4495 山頂駅からすぐのところにある薬師岳パノラマパーク近くには、こんな杭が立っていました。高村光太郎が『智恵子抄』の中で妻・智恵子の言葉として紹介している、「阿多多羅山の山の上に毎日出てゐる青い空が智恵子のほんとの空だ。」に由来するようです。

青空ではないけれど、展望があるだけラッキー!と思わねば.....。

Img_4499 薬師岳を後に、ところどころで残雪も見られる、ゆるやかな登りを安達太良山に向けて歩きます。途中、「えっ?こんなところに.....?」といった感じの場所で水芭蕉を一株見つけました。この辺りでは見られなかった植物なので、誰かが植えたのでは.....?と言う人もいました。

Img_4514 安達太良山の山頂が近付いてきました。大きな岩がだんご状に固まったような形で、乳首山とも呼ばれているそうです。これまで、緑に囲まれた登山道を登ってきたのですが、この辺りからガレた道に変わりました。

Img_4537_2 岩をよじ登り、登頂!そこには、小さな祠があり、中には天を仰ぐお地蔵さんがいました。鉄山に向かう稜線の登山道が見えています。

Img_4552 安達太良山の岩だんご?を下りて、鉄山に向かいます。途中で、安達太良山を振り返ってみました。見る方向によって、形が変わります。

Img_4555 翌日が山開きということで、ルートのマーキングはしっかりされていました。

Img_4562 ほんの少し歩いただけで、砂の色が赤から黄色に変化、荒涼とした登山道に緑がアクセントを添えます。

Img_4563 バランス感覚のすばらしい?ケルンを発見!

Img_4568 稜線をさらに進むと、奥に磐梯山と桧原湖(と思われる)が見えてきました。


Img_4572_2 沼の平を見下ろしています。直径1.4kmの爆裂火口。ほぼ中央にあるのが、1900年の新火口だそうです。こちらは立入禁止です。

Img_4581 稜線から、沼の平の反対側を見下ろすと、くろがね小屋が.....。鉄山の火口内に湧き出す温泉は、岳温泉まで引かれていますが、くろがね小屋では源泉に近い状態で温泉を楽しめると知って、途中で温泉休憩しようと決めていました。でも、アクセス・ルートがわかりません。目の前にあるのだからと直行することにしました。

Img_4582 雪渓を下り始めたものの思っていた以上に傾斜があるうえ、雪も固まっておらず、持参していた軽アイゼンでは、ほとんど用をなしません。恐る恐る、ずるずると滑るように下ったかと思えば、今度は低木の生い茂る道なき道を歩くことに.....。今更、引き返すこともできず、泣きたい気持ちを堪え、とにかくひたすら小屋を目指して歩きます。

Img_4588 ようやく辿り着きました。小屋の前では、スタッフの方が待ち構えていて、どうしてこのルートに迷い込んだのか等いろいろと質問されました。全く余裕のなかった私は気づきませんでしたが、パートナーが言うには、私たちが雪渓を下る辺りから、双眼鏡でこちらの様子を窺っていたようです。

Img_4589 振り返ってびっくり!後で調べてみると、反対側の沼の平における1997年の硫化水素ガス死亡事故以来、鉄山からくろがね小屋へ向かうルートも通行禁止となったのだそうです。無事だったからよかったものの、あまりの無謀さに愕然.....。疲れ切った身体と心を乳白色の熱めのお湯で、癒してもらいました。リフレッシュして、登山口に向けて再出発!ところが.....登山道沿いの花や雪渓に気をとられているうちに、再び分岐を見落としてしまい、気がついたときには、稜線まで戻ってしまいました。安達太良山の岩だんごも近くに見えています。ルートを外れることの恐ろしさは身に沁みていたので、せっかく登ってきた道を分岐まで引き返すことに.....。途中、雨も降り始め、どうなることかと気を揉みましたが、幸い本降りになることはなく、無事分岐まで戻ることができました。ここからは、ショウジョウバカマの道が続いていました。

Img_4608 ショウジョウバカマと言えば、ピンク色が一般的ですが、1輪だけ白いショウジョウバカマが咲いていました。

今回のようなひどい失敗は初めてですが、風景や花に気をとられるあまり、ルート確認が疎かになっていたことを深く反省させられました。

 

 


|

« 雪解け蔵王を歩く! | トップページ | 傘マークから逃れて..... »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不覚にも.....:

« 雪解け蔵王を歩く! | トップページ | 傘マークから逃れて..... »