« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

スノーシューハイクⅡ@裏磐梯

2009. 3.28

裏磐梯高原には、スノーシューハイカーに人気のトレッキング・ルートがあるらしい。そこを歩こうと、裏磐梯スキー場まで行ったまではよかったのだけれど、到着するなり、湿雪が本格的に降り始めてしまいました。視界もよろしくない。下の駐車場でさえそういう状態なのだから、リフトで上った先は、もっと状況が悪いだろうと判断し、このルートは今回は諦めることにしました。代わりに五色沼まで引き返し、毘沙門沼周辺を歩いてみることに.....。
Img_3595 今回レンタルしたスノーシュー。タブスの雪原歩き用のものでした。








Img_3597 沼周辺は雪も少なくなってきていて、歩ける範囲はそう広くはありませんでしたが、静かな雪原を歩くのって、ホント気持ちいい!







Img_3599 自分の足跡を振り返っている.....と、そのとき、野うさぎが目の前を猛ダッシュ!
カメラのシャッターを押す時間さえなかったです。







Img_3600 こちらは野うさぎの足跡。アップなのでわかりませんが、1ステップが優に1mはありました。身長を考えるとものすごいジャンプ力です。







Imgp0102 丘の上でティータイムをしてから、毘沙門沼に戻って来ると、何とこの青空!まるで夏雲のようです。磐梯山もきれいに見えています。






Img_3621 帰りには再び雪、天気が目まぐるしく変わります。









Img_3629 土湯温泉近くにあるびっき沼で水芭蕉が咲き始めたという情報をキャッチしていたので、高速に乗る前に、ちょっと覘いてみました。







Img_3624 おお、咲いてますね~。水芭蕉は、昨年6月の尾瀬以来です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定義(じょうぎ/じょうげ)如来へ

2009. 3.28

山形から作並街道を通って帰仙するときに、何度か目にした「定義如来」の看板が前から気になっていたので、行ってみることにしました。アクセスするための道はきれいに整っていましたが、本当に何もないところ。この道で、無事行き着くのだろうかと不安に思い始めた頃、忽然とそれは現れたのでした。

Imgp0004 境内を散策する前に、参道にあるお店で、定義名物のあぶらげをいただきました。お醤油と七味を振り掛けていただきます。揚げたてなので、油っこくないし、サクッとしてなかなか美味しいです。小腹も満たされたし、それでは、お参りに行ってきます!

Img_3554 山門です。密迹(みっしゃく)金剛神(阿形)と那羅延(ならえん)金剛神(吽形)が入口左右に立ち、伽藍守護の役目をしています。山門に掲げられた山号、「極楽山」の額の書は、第30代内閣総理大臣、斎藤実によるものだそうです。

Img_3590 金剛神の後ろ側には、世親(せしん)菩薩、無著(むじゃく)菩薩が安置されています。写真は、世親菩薩。

Imgp0021 山門を入って左側にあるお手水場。蓑?をまとった竜を目撃したのは初めてです。

Imgp0030 山門から真っ直ぐ進み、石段を登ると貞能堂があります。貞能とは、平重盛の重臣であった、平貞能のこと。壇ノ浦の戦いに敗れた平氏、貞能は、重盛より託された阿弥陀如来の御霊像を守り、源氏の追討を逃れて、ここに身を隠したそうです。さらに、世をはばかるため、「定義」と改名しました。それで、この地を定義、阿弥陀如来を定義如来と呼ぶようになったようです。どうりで、人里離れた場所にある訳です。御廟は、覆堂形式・六角堂で、彫刻もなかなか立派です。

Img_3570_2 貞能堂の裏手にある天皇塚。貞能は、安徳天皇の遺品をここに埋め、目印に2本のケヤキを植えて、その菩提を弔ったと伝えられています。

Img_3572 墓標として植えられた2本のケヤキは、いつの間にかひとつとなり、「連理のケヤキ」と呼ばれ、縁結びの御神木として多くの人がお参りするようになったそうです。残念ながら、2本とも倒れてしまい、今では、根元のみが縁結びの神木として残っています。

Img_3574 天皇塚近くに、竹林からの湧き水、長命水がありました。年中水枯れすることがないそうで、寒い中、水を汲みに来ている人もいました。

Img_3580 五重塔。平貞能への報恩感謝とその御供養、それに人類の恒久平和を祈念するシンボルの塔として建立されたもので、高さは30m近くあるそうです。御本尊、阿弥陀如来は、ここに安置されており、1・2月を除いて、毎月7日が開帳日となっています。

Img_3585 五重塔側の浄土庭園の池は、半分凍っていました。

 

Img_3592

山門を出て、振り返ったところ。冷えると思っていたら、雪が落ちてきました。定義の春がやって来るのはまだ少し先のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lunch @ パン フレーテ 仙台

2009. 3.13.

久々にお外ランチしてみようかな.....と思ったのは、近所にある『パン フレーテ』というベジタブルダイニングが思い浮かんだから。無農薬野菜を中心としたランチ・メニュー、4種類があり、前回行ったときには、「畑のめぐみセット(お野菜だけのおすすめランチ)」がなくなっていたので、今日はこれを狙って.....。店内は、たくさんのお客さん(圧倒的に女性が多い!)でほぼ満席状態、カウンターが一席だけ空いていたのはラッキーでした。

Img_3540 これが本日の「畑のめぐみセット」。野菜が売りだけあって、新鮮だし、野菜そのものの味がしっかりします。本当は一品ずつ、アップで写真を撮りたかったのですが、カウンター席の前は厨房、何だか撮り難くて.....この一枚で精一杯でした。見た目にもきれいだし、プチ・デザートまで付いて、お野菜だけでも充分満足できます。


Img_3541

お店の外観。『パン フレーテ』とは、〝パンの笛〟という意味。ギリシャのある地方の森の妖精に、パン(牧神)が恋を打ち明けるのですが、下半身が山羊であるため、相手にしてもらえません。傷心のパンは、足元にあった葦で笛をつくり、吹いてみたところ、音色のあまりの美しさに、心癒され、幸せな気分になったという言い伝えからきているようです。『パン フレーテ』の野菜料理で幸せな気分になって欲しいという願いがこもっているんですね。スタッフの皆さんも笑顔が素敵で、感じよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かみのやま温泉郷散策

2009. 3. 8.

せっかくだから温泉にでも入ってほっこりしたいねーと、ちょっと足を伸ばして、かみのやま温泉郷に向かうことに。ほっこりさせていただく前に、ちょっと町中を歩いてみました。

Img_3537 温泉郷のほぼ中央にある上山城は、1982年に郷土資料館としてつくられたもの。二万五千石の小藩ながら、奥羽の名城と称されていたと伝わるオリジナルは、1692年、幕命により取り壊されてしまったようです。

Img_3520 天守閣から見る上山市と蔵王連山の山並み

Img_3519 上山城のすぐ側にも足湯がありました。

Imgp0234

雪除けでしょうか?、こんな消火栓見つけました。

Imgp0261 マンホールには、こんなデザインが.....。秋に開催されるかかし祭に因んでということでしょうか.....。

Imgp0240 かみのやま温泉郷には、地区ごとにいくつかの温泉がありますが、今日は上山城近くの下大湯に立ち寄りしてみることにしました。その下大湯のすぐ側に、この観音寺がありました。境内は小ぢんまりとした感じですが、本尊の聖観世音菩薩は霊験あらたかで多くの人々の信仰を集め、室町時代には最上三十三観音の第十番札所とされました。

Imgp0244 比較的新しい感じのする鬼瓦。

Imgp0254 彫りもなかなか立派です。

Imgp0235 こちらが、市内7ヵ所にある公衆浴場のうちのひとつ、下大湯。最も歴史が古く、あの沢庵禅師もその昔、入浴したと伝えられています。入浴料100円、洗髪料100円と嬉しい料金設定。広々とした湯船、お湯は無臭無色透明ですが、とにかく熱い!ひとり我慢大会してみましたが、15秒が限界、ほっこり&ゆったりとはいきませんでしたが、身体はしっかり過ぎるほどに温まりました。

P1010462_2 ここがかみのやま温泉発祥の地。1458年、旅僧月秀が、沼地に脛を浸し、傷を癒している鶴を見つけ、そこに温泉が湧き出ていることを発見したそうです。

Img_3538 帰り際、ふと見ると、蔵王連峰のバックに青空が広がっていました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天童に行ってきました。

2009. 3. 8.

週末は家でくつろぐことにしていたけれど、土曜日一日ごろごろした後の日曜日、どっか出かけたい虫が騒ぎ出し.....作並街道を抜けて、天童に向かうことにしました。天童と言えば、いつもの?道の駅!出発が遅かったので、到着したのがお昼過ぎ、早速ランチすることに。

Img_3508 お蕎麦と天ぷらのセットが定番?だけど、今回は蔵王牛入りコロッケ定食を注文。こちらも結構いけました。

P1010418 道の駅内部の様子。地酒やお菓子、漬物類、野菜や果物など品揃えは結構豊富です。今は季節的に、果物はりんごくらいしかありませんが、夏から秋にかけて、さくらんぼ、もも、ぶどう、ラ・フランス、すももなど、いろいろな種類の果物が並びます。果物目当てで、よく通いました。今日ももちろん、りんごをゲット!

Img_3515 道の駅の側にいつの間にか、足湯コーナーができていました。天童と言えば、フルーツの他にも、温泉と将棋駒で有名ですが、お湯の中央にあるベンチは将棋駒の形をしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私って、晴れ女.....?

2009. 3. 1.

山形蔵王滞在2日目。今日も快晴!蔵王中央ロープウェイに乗って、鳥兜山山頂駅へ。駅を出て右側に雪の階段があり、そこを登っていくと.....。
Img_3488 右奥には、昨日歩いた樹氷の森と地蔵山が、手前には三宝荒神山がくっきりと見えています。「蔵王には何度か来ているけれど、こんなに見晴らしが利いたのは初めてだ。」とは、千葉から来られたスキーヤーの方。私って、もしかして晴れ女.....?





Img_3495
展望台からは、吾妻・飯豊(いいで)・朝日連峰、月山、鳥海山まですっきり見渡すことができました。
手前は蔵王温泉街、後方は朝日連峰。






Img_3496 月山もきれいに見えました。今年の夏は、この頂上に是非立ちたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »